男の婚活タイム
アラサーの僕の婚活と結婚までの道のりのブログです。




婚活サイト・婚活アプリ

華の会メール|口コミと評判、料金まとめ。徹底比較

華の会メール

婚活サイトやマッチングアプリって、若い人向けのものが多く、中高年である自分に合った物なんかない…と、おっしゃる方は多いと思います。

華の会メールは、中高年向けの婚活サイトです。

年齢が過ぎていくと、だんだん出会いも減っていくのが現状です。

華の会メールでは、年齢関係なく、素敵な出会いをサポートしてくれます。

華の会はこちらになります↓

華の会メールのキャッチコピーは「30歳からの恋愛コミュニティ」です。

10代~20代の若者をターゲットにした出会い系サイトとは違い、30代~60代の中高年層の利用を想定したシステムになっている華の会メール。

年齢が理由で出会い系サイトの利用に抵抗があるという中高年層でも、年齢の近い人が多い華の会メールなら気兼ねなく使えるのが嬉しいですね。

華の会メールではメル友や飲み友を探すことも可能ですが、ほとんどの会員は「結婚相手」を真剣に探しています。

以上のような理由から、華の会メールは「一度は婚活をあきらめてしまった」、「1度結婚に失敗したけど、もう1度結婚したい」という方にも好評です。

ここなら年齢を理由にあきらめる必要はありませんし、真剣に結婚相手を探している方が多いので出会いのチャンスもたくさんあります。

華の会メールって?

華の会メールは、中高年の恋愛を応援するためのサイトです。

対象年齢は30歳~75歳となっており、いくつになっても結婚をあきらめたくない中高年の男女が集まる大規模なコミュニティです。

女性は25歳から、男性は30歳から登録することができますが、全ユーザーのうち85%が35歳以上です。

現在、華の会メールにアカウントを持っている会員の数はおよそ20万人です。

この数値は、数百万人規模のユーザ―を抱える大手出会い系サイトと比べると少なく感じるかもしれません。

しかし華の会メールはアクティブユーザーの多さに定評があり、男女合わせると常時1万人以上がログインしている活発なサイトです。

ターゲットをあえて「中高年」に絞ることで、同世代での出会いのチャンスを高めているのが華の会メールの魅力です。

「結婚したいけど、歳を取ったせいで出会いが無い」という方にとって、華の会メールは大きな助けになることでしょう。

華の会メールの特徴

30代以上の男女を対象にした婚活サイトとなっています。

広告に力をいれており、日々新しい会員を獲得しています。

中規模サイトですので、最大手出会い系サイトと比べると、会員数が物足りないと感じる方もいらっしゃいます。

しかし、利用者が制限されていますので、自分にマッチする相手もみつけやすくなっています。

華の会メールの年齢層

現在華の会メールをご利用中のユーザー層を調査し、性別・年齢・地域別にグラフにまとめました。

Twitterやfacebook等の主たるSNSをはじめ、他のマッチングサービスは20代~30代の利用者が多くを占めています。
しかし『華の会メール』では50代以上の利用者が約半数を占めているため、中高年ユーザーにとって「同世代との出会い」が叶いやすい環境になっています。

華の会年齢グラフ

続いて男女比ですが、公式発表によれば華の会メールの男女比は7:3となっているようです。

細かく説明すると男性ユーザーが66%、女性ユーザーが34%です。

出会い系サイトでは、男性ユーザーのほうが多くなるというのは珍しいことではありませんが、男性が女性の倍近くも多いというのは、あまりにバランスが悪すぎるかもしれませんね。

ここまで男女比が崩れていると女性ユーザーの取り合いになってしまうため、男性ユーザーは「ライバルよりも積極的に動く」ことが必要になってきます。

華の会メールの料金について

女性は無料です。

登録料・月額使用料・年会費などは一切かかりませんが、メール送信や写真閲覧などを行う度にポイントを消費していくシステムです。

ポイントはクレジットカード等で決済することができ、1ポイントあたり10円で購入できます。

女性に対してメールを送信すると、1通あたり10ポイント(100円分)を消費します。

1通100円というのはやや高い部類に入ります。

中高年向けのサイトだけあって、若者向けの出会い系サイトに比べると料金は高めに設定されているように感じます。

ただ、華の会メールでは「初回登録時に150ポイント付与」「掲示板投稿1日1回無料」などの特典もあるので、それらを上手く利用すれば利用料金を抑えることも可能です。

高いといっても出会い系サイトの相場の範囲内なので、使いすぎにさえ気をつければ高額請求になることはありません。

料金の詳細

女性は無料です。

掲示板に投稿する      10ポイント

女性の掲示板を見る       2ポイント

女性のプロフィールを見る 2ポイント

女性の画像を見る     6ポイント

女性へのメール送信    10ポイント

女性からのメールを見る   2ポイント

送信メールの貴族チェツク 25ポイント

足跡履歴の削除      2ポイント

華の会メールの便利な機能

足跡機能

華の会メールでは、プロフィール画面や掲示板に「足跡」が残ります。

こちらが女性のプロフィールを見ても足跡が残りますし、自分のプロフィールを見に来た女性の足跡も残ります。

女性に足跡を残すことで、暗に「私はアナタに興味があります」ということを示せるのがこの機能のポイントです。

足跡を辿って女性がプロフィールを見に来てくれることもありますので、気になる女性にはどんどん足跡をつけていくことをお勧めします。

また、足跡を残してくれた女性にメールを送るのも効果的です。

足跡を残してくれたということは少しでもアナタに興味を持ってくれている証拠なので、メールを送れば返信の確率は高くなります。

掲示板機能

華の会メールでは、「掲示板機能」の使い方が重要です。

使い方は女性の書き込みに対して返信したり、こちらから質問を投げかけたりして会話のキッカケを掴んでいきます。

掲示板に投稿するには通常1回10ポイントが必要なのですが、華の会メールには「1日1回だけ掲示板投稿が無料」という特典があります。

1日で100円分のポイントが無料、つまり1ヵ月間毎日掲示板を使えば3000円分使えるシステムになっていますので活用してみてください。

いきなりメールを送ると警戒心を抱かれてしまうこともありますが、掲示板で仲良くなってからメールに移行すればスムーズです。

華の会メールはガラケーにも対応

今やほとんどの人がスマホを使っています。

しかし年配者はまだまだガラケーを使っている人もいます。

ガラケーだけど出会いたい。そんな中高年の方にはガラケーにも対応している点は非常に嬉しいですね。

華の会メールのメリット

①年齢層が広い

②バツが付いている人でも会いやすい

③年上男性と会いやすい

①年齢層が広い

周りも結婚や子育てで合コンや飲み会も無くなるし30歳を超えると中々出会う機会が減ってきます。

そんな30歳以上の人でも、華の会メールを利用すると同世代の人と会う確率が上がります。

中高年が選ぶ出会い応援サイト1位を獲得してるから安心できますね。

利用ユーザーの年齢層は40代と50代が多く、30歳~70歳以上までのユーザーが登録しているから普段の合コンや飲み会では出会えない世代の人と会うことが出来るのは魅力のひとつです。

②バツが付いている人でも会いやすい

30歳を超えると離婚歴がある人も増えてきます。

離婚歴があると中々新たな出会いに躊躇してしまったりして出会いの頻度が減りますが、中高年ユーザーが多いので、離婚歴があるユーザーもたくさん居られます。

バツありトークで盛り上がったり、共感しあったりで次の結婚に繋がるケースもあります。

ヴバツあり同士の結婚も多く、離婚歴にかかわらずに新たなスタートを切ることが出来るのも大きなメリットです。

③年上男性と会いやすい

年上好きな女性には嬉しいですね。

男性会員が66%を占めている華の会メールは年上男性と出会える確率が高いです。

40歳~59歳の男性ユーザーが半数を占めています。お金を持っている人も多く存在しています。

華の会メールにおすすめな人

30歳を過ぎて出会いが減った方

飲み会や合コンが減った方

年上の異性と出会いたい方

離婚歴があって新たな出会いに負い目を感じている方

最後の恋をしたい方

40歳を超えている方には特におすすめできます。

華の会メールはこちら

30代の男性で特に年上好きではないならこちらをお勧めします。

ユーブライド~成婚率も非常に高く20代~30代の女性も多いです。非常におすすめできます。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。

ペアーズ~会員数ナンバーワンですので、素敵な異性が必然的に多くなります。ユーブライド同様、特におすすめです。

会員数ナンバーワンです。ペアーズはこちら

さいごに

今回、華の会メールと、おすすめのユーブライドとペアーズを紹介させて頂きました。どれもオススメですので、よかったら1度試してみてください。

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ゆうと
日々、婚活に奮闘しているアラサーサラリーマンです。職業はメンズ美容系の会社に勤務しています。母親と3人の姉も全員美容系のお仕事で実家暮らしです。この辺りも結婚に悪い影響を与えているのだと思い込んでいます。笑 マッチングアプリ、婚活パーティ、結婚相談所のヘビーユーザーになってしまっています。泣