男の婚活タイム
アラサーの僕の婚活と結婚までの道のりのブログです。




婚活体験談

男の婚活ブログ|マリッシュで出会った。スキッパさん編

海外結婚

こんにちは!

ゆうとです。

今回は、マリッシュで出会ったスキッパさんとのお話しの1回目になります。

ランキングに参加しています。よかったらポチってください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

スキッパさんと出会ったころは、なかなか、婚活が上手くいってない時でした。

何かの雑誌で、「離婚歴のある人は1度失敗しているので人に優しくなれる」みたいな記事を読んで、僕自身、子供が好きということもあり、シングルマザーさんでも気にしないし、優しい人と会いたいと思いマリッシュに登録していた時のお話しになります。

マリッシュはこちら↓↓

 

男の婚活ブログ|スキッパさんとの出会い

スキッパさんとはサイト内でマッチングして、お話しも盛り上がり、何度か電話でのやり取りをしていたのですが、お子さんが小学生1年の男の子ということで、なかなか会うタイミングがありませんでした。

もちろん、電話の前に写真の交換をしていたのですが、写真はかなり可愛い感じだったので、僕は毎日、早く会いたいな~なんて思っていました。

やり取り初めて、そろそろ2週間が経った日の夜です。

その日も22時くらいまで、電話で盛り上がって電話を切ってしばらくすると、スキッパさんからラインが来ます。

 

 

 

 

「今から、お家においでよ♪」

 

 

 

 

なぬ~!いいんですか!

ということで、だいたいの家の場所を聞いて急いで向かいます。

心の中では、

①子供いると聞いていたので大丈夫?

②噂に聞いたことのある美人局で、家に入った瞬間、袋叩きとかないでしょうか?

等等、心配もありましたが、駅で降りてスマホのナビでお家に向かいます。

順調にお家の近くに着くとスキッパさんが待っててくれました。

可愛いんですよ!可愛いんですが、写真とは、けっこう違ってスキッパでした。ですので、今回は、スキッパさんとします。

男の婚活ブログ|スキッパさんのお家で

スキッパさん、かなり酔っ払っていました。

というかベロンベロンです。

お家に入ると、チューでお出迎えしてくれて嬉しいのですが、さっきの美人局疑惑が少し膨らみます。

で家に入って3分も経たないうちに

スキッパさん「お布団に行こうよ」

そのままの流れで布団に僕も行くのですが、

夢中になって忘れていました。

 

 

 

 

 

布団に入ると子供が寝てるんですよ!

 

 

話に聞いていたのですが、夢中になっていて忘れていました。

そうです。

スキッパさんには小学1年生のお子さんがいるのです。

で、そのまま小学生の子供が横で寝ている横で、事が始まるのですが、僕は結婚していませんし、自分の子供もいないのに、初対面の見知らぬ小学生の子供が横で寝ている横で…。

等と頭の中がぐるぐる回るのですが、行為が終わって寝てしまいます。

※子供のいるお父さんとお母さんが、ひそひそ声でエッチをするというお話を思い出しました。人生で1度だけ、僕が小学生の5年生の時に、父親と母親の、そういう声を聴いたことがあります。父親と母親がエッチし終わった後のピロートークで、母親が父親に「最近、ゆうとが言うことをきかなくて困っている」なんて言い出して震えながら翌朝を迎えた日を思い出します。

たたみます。

平日だったので、朝、起きると仕事に行かないといけません。

スキッパさんから、鍵は開けておいて大丈夫と聞いていましたが、とても気になってしまいました。

気にしながらも会社に向かい7時過ぎたころに、スキッパさんからの「おはよう」ラインで一安心です。

男の婚活ブログ|次の日曜日まで

次の日からも順調な感じで電話したりラインをしたりが続きます。

1度、スキッパさんから急に給料明細が送られてきたことがありました。

どう返事したらいいんだろう?なんて考えこんでしまいました。

こういう時、ラインって既読になるから、よくないですよね。

考え込んでいると「ゆうと君には、何でも知ってもらいたいから」なんてラインがきて、

心の声:僕の結婚も近いかな~

なんて思ったのを覚えています。

で、次の日曜日、お子さんも一緒に公園に行こうということになります。

生まれてすぐに、離婚していると聞いていたので、奮発してプレゼントにサッカーボールとグローブを用意して日曜日を迎える事にしました。

ゆうと:男の婚活ブログ|日曜日の公園にて

朝から、スキッパさんとスキッパさんのお子さんの小学1年生の男の子を迎えに行きます。

明るいところで見るのは初めてだったのですが、

明るいところで見てもスキッパさん、めちゃめちゃ可愛いんですよ!

この日、これが1番、嬉しかったかもです。

今回、スキッパさんのお子さんは太郎君と名付けます。

小さい頃に離婚していると聞いていたし、お父さんは会いに来たことはないと聞いていました。

ということもあり、太郎君とたくさん遊んでやろうと思い、プレゼントにサッカーボールとグローブを用意して行きました。

めちゃめちゃ天気の良い日で、絶好の外遊び日和です。

太郎君は、はしゃぐはしゃぐ、僕も楽しかったのですぐに仲良くなることができました。

スキッパさんは、僕と太郎君がキャッチボールをしたり、サッカーボールを蹴ったりしているのを見つめています。

まさに、家族の風景!

なんて思ってしまいます。笑

たたみます。

お昼ご飯には、スキッパさんがお弁当を作ってくれてました。

しかも、美味しいんですよ!

卵焼きとか、鶏肉料理が美味くって、たくさん食べてしまいました。

僕、スキッパさん、太郎君で、ご飯を一緒に食べてると、まさしく

まさに、家族の風景!

です。笑

もう、このくだりはいいですね。すいません。

で、楽しく過ごすのですが、1つだけ気になったことがありました。

僕が考えすぎだったのかもしれないのですが、スキッパさんめちゃめちゃラブリーモードだったんです!

太郎君がいてるので、大丈夫かな~と心配になるのですが、手を繋いできたり、ボディタッチが凄いのです。

2人だったら…、2人だったら、ボディタッチの多い女の子は嬉しいですし、手も繋ぎたいのですが、太郎君がみているので、ドギマギしてしまいます。

僕「太郎君、居てるのに手を繋いだりしても大丈夫?」

スキッパさん「だって、手を繋ぎたいんだもん」

こんなことを言われてしまうと、なかなか、男として断ることはできないですよね~。

ただ、ず~と、変な感じはありました。

①僕とスキッパさんは、まだ付き合ってもいないので、この先、会わなくなったら、太郎君は今日のことをどう思うんだろう?

②お母さんが、急に現れた男と手を繋いだりするところを見るのは、太郎君の教育上、悪いのではないのか?

友人なんかに聞くと、僕が真面目過ぎるのだと言われました。笑

この日は、そのまま夕方まで3人で仲良く遊び、3人でファミリーレストランで食事して帰りました。

ファミリーレストランに着いた頃には、僕的には、もう家族みたいな感じがしていました。

食後に、スキッパさんと太郎君を家まで送ります。

するとスキッパさんが、

「太郎、ゆうと君に風呂いれてもらいなよ」

 

 

 

 

 

え~!

 

 

 

 

 

別にいいんです。

全然、大丈夫ですよ。

お風呂に太郎君を入れて、体を洗ってあげたりするのは、全然、大丈夫なんですが、この日、まさかの人生初の子供を洗うを経験してしまいます。笑

これも、友人に、真面目過ぎだとか、考え過ぎだと言われたのですが、もし僕が親だったら、そんなに簡単に人を信用しないんですよね。

大事な子供に何かあったら…と考えると、お風呂に入れてもらうとか、ちょっと考えにくいんですよね。

もちろん、僕は変な事とかしないのですが、少し違和感を感じてしまいました。

ついでに、僕も体を洗わせてもらって帰ることにするのですが、太郎君からも「もっと一緒にいよう」なんて言ってもらって僕も嬉しく思いました。

その日、以降も毎日、スキッパさんとの電話やラインは続きます。

水曜日の仕事帰りに、スキッパさんの家に少し寄ったりして、次の日曜日を迎えます。

まさか、次の日曜日にあんな展開になってしまうとは…。

ゆうと:男の婚活ブログ|日曜日まで

スキッパさんと太郎君と公園に遊びに行って、その日以降も、電話をしたり、ラインをしたり会いに行ったりと仲良く過ごします。

で、話の流れから、次の日曜日、僕の家に2人で遊びに来るということになります。

全然、いいのですが、僕の家には両親+姉3人。一応、自分の部屋のような場所はあるのですが、家族全員が家にいるとなかなかの圧です。笑

とりあえず、太郎君も来るので両親がびっくりすると思い、父親と母親には、日曜日に仲良くしている女の子とその子供が来ることだけは伝えました。

すると、次の日、姉達が細かいことを言うてくるんです。怒

というより、母親が即、姉ちゃん達に言ってることにも腹は立つのですが、姉ちゃんのアドバイスにも、なかなか腹が立つのです。

ちなみに、昔から友達に姉ちゃんが3人もいることを、友達からは、よく羨ましがられました。

2番目と3番目の姉ちゃんは、顔だけは可愛いのです。

でも僕が結婚できない理由に姉ちゃん3人は影響していると、僕は思っています。

たたみます。

ゆうと:男の婚活ブログ|日曜日、僕の家にて

駅まで2人を迎えに行って3人で、僕の家に到着です。

小言を言っていた母親も、太郎君にお菓子などを買ってくれてたので、僕の中では合格点です。

僕の部屋に3人はなかなか狭いのですが、太郎君、嬉しいのか騒ぐ騒ぐ。

基本的に僕は怒らないようにしていたのですが、僕の部屋に唯一、高い物があるのですが、

それが座椅子です。

ちょうど、こんな感じの座椅子です。

座椅子

特に大事にしているわけではないのですが、かなり以前に、部屋にいる時くらい、少し良い椅子に座ろうなんて思い購入した座椅子なんですが、そこに太郎君が乗って↓↓のような動きをするんでよ。

日曜日

凄いスピードでシーソーのように、右・左・右・左…

ゴンゴンゴンゴン!音も響きます。

ここは、スキッパさんに注意して欲しかったのですが、

スキッパさんは「太郎は元気がいいわね!」と言うだけです。

 

 

 

 

 

 

僕の心の声 いやいやいやいや、注意してくれよ!座椅子が潰れるし、床に傷がつくし音もうるさいから!

でも、なかなか言えないですよね。

だから優しく

「太郎君、ちょっと、それは止めておこうか」と優しく注意します。

注意すると、しぶしぶなんですが止めてくれたので僕も、それ以上、注意はしません。

しばらく、大人しくしているなと思っていたら、何やら太郎君、ごそごそ動き始めます。

するとダーツのような点数のかいた的を出してきて窓にかけます。

マジックテープになっていて、的が柔らかい布で、プラスチック製のボールにイガイガが付いていて的に当てるとくっつくやつです。

大谷

部屋に大谷が現れました…

太郎君、本気で的に向かって投げるのですが、的が壁にかかってるのであれば大丈夫なのですが、窓に的がかかってるので、割れると危ないじゃないですか!

しかもストライクが入りません。泣

それに、太郎君、大谷ばりに振りかぶってボールを投げるんですよ。

スキッパさん、注意してと思っていると…

 

 

 

 

スキッパさん「太郎は元気がいいわね!」と、またまた言います。

 

 

 

 

僕の心の声 いやいやいやいや、窓が割れたらどうするんですか!ガラスの破片が下に落ちても危ないし、スキッパさんや太郎君も危ないだろ!スキッパさん、注意してよ~

と思うのですがスキッパさんが注意しないので

僕は、またまた「太郎君、ちょっと、それは止めておこうか」と優しく注意します。

なかなか、家で3人で遊ぶのは大変だな~と思ったのですが、おやつを食べたり、太郎君とゲームをしたりスキッパさんとお話ししたりで、夕方を迎えます。

しばらくして、スキッパさんの家まで車で送ることになります。

ゆうと:男の婚活ブログ|3人で車内にて

スキッパさんの家まで2人を送ることになります。

僕が運転、スキッパさんが助手席、太郎君がスキッパさんの後ろに座ります。

車が動き出すと、しばらくして、太郎君が後ろからスキッパさんの頭の部分に、何度も何度もキックを始めたんですよ。

これは良くないと思ったんで

僕は「太郎君、それはダメだよ~。お母さんのこと大好きだろ、そんなことしちゃ、お母さんも悲しむよ。」と言いました。

僕的には100点の注意だと思ったのですが、

 

 

 

 

 

スキッパさんは「太郎は元気がいいわね!」とまたまた言います。

 

 

 

 

 

 

 

僕の心の声 いやいやいやいや、普通、怒るとこでしょ!ていうか、むち打ちになるよ!

こんなことがあったのですが、無事にスキッパさんの家に到着です。

ゆうと:男の婚活ブログ|スキッパさんの家にて

で、宅配ピザを注文して、3人で食べて、この日も、スキッパさんに頼まれて、太郎君を僕がお風呂に入れます。

午後9時になると

スキッパさん「太郎を寝かしてくるから、待っててね。大事な話があるの」

 

 

 

 

心の声 告白ですか?!

 

 

 

大事な話があると言って、待っててなんて告白しかないでしょ!

今日は、太郎君のことで注意するとか、しないとかあったけど、これから協力していけば歩み寄れるかな。

僕とスキッパさんの子供ができたら、そういうとこも、ちゃんとしていこう等と考えながら、スキッパさんを待ちます。

30分ほどで、スキッパさんが戻ってきます。

大事な話ということで、僕も正座で待っていると

スキッパさんが言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゆうと君、太郎に厳しすぎるわ~!」

 

 

 

 

 

 

 

え~

 

 

 

 

 

 

 

 

「私、太郎に優しくしてくれない人とは無理なの、もう今日で終わりにしましょう」

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや、凄く気を使って優しくしてたのに~。

振るなら、お風呂、入れさすなよ~。怒

なんか、期待してしまってて恥ずかし~。

ということで、スキッパさんとのお話しは、こんな感じで終わってしまいました。

男と女で捉え方が違うのでしょうか。

僕は目一杯、優しくしていたつもりでも、スキッパさんには伝わらなかったのかもですね。

今回、スキッパさんと出会ったのはマリッシュです。

おすすめですよ。



さいごに

スキッパさんも非常に可愛い女の子でした。

太郎君も元気だといいなと心の底から思っています。

僕の婚活体験談まとめはこちら

 

ABOUT ME
ゆうと
日々、婚活に奮闘しているアラサーサラリーマンです。職業はメンズ美容系の会社に勤務しています。母親と3人の姉も全員美容系のお仕事で実家暮らしです。この辺りも結婚に悪い影響を与えているのだと思い込んでいます。笑 マッチングアプリ、婚活パーティ、結婚相談所のヘビーユーザーになってしまっています。泣