男の婚活タイム
アラサーの僕の婚活と結婚までの道のりのブログです。




婚活体験談

男の婚活ブログ|マリッシュで出会った「たむらけんじの妹」編

マリッシュ

こんにちは!

ゆうとです。

今回は、マリッシュで出会った「たむらけんじの妹」さんとのお話しです。

ランキングに参加しています。

よかったら、ポチってください。

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

先に書いておくのですが、本物の「たむらけんじの妹」ではないと思います。

ただ、本人は、自称ですが、「たむらけんじの妹」と名乗っていたので「たむらけんじの妹さんと名付けました」。

そんな、自称「たむらけんじの妹」さんと出会ったのはマリッシュでした。

マリッシュはこちら


今回の「たむらけんじの妹」さんもバツありでしたが、非常に、いい娘でした。

ゆうと:男の婚活ブログ|「たむらけんじの妹」さんとのやり取りから出会いまで

マッチングから出会いまでは特に問題なく普通にやり取りをしていました。

で、会いましょうということで、今回もいつもの駅で待ち合わせて、そこから居酒屋さんという流れです。

メッセージのやり取り中も、写真をお願いしましたが、なかなか顔写真を見せてもらえずで、当日にお顔を拝見のパターンです。

実際に会うと、「たむらけんじ」に似ている訳でもなく、可愛くはないですが、ブサイクでもなく、ただ愛嬌たっぷりの少し年上の女の子でした。

世間話をしながら、居酒屋へと向かいます。

ゆうと:男の婚活ブログ|「たむらけんじの妹」さんと居酒屋にて

メッセージのやり取りの時は、あんまり気にならなかったのですが、居酒屋さんで乾杯をしてから、少し飲んでいると、気を使ってくれてるのか、話を合わせに来ている感じがしました。

やりとりの時から、【バツイチ】であることを「たむらけんじの妹」さんは気にしていたので、僕に気を使って、話を合わせてくれてるのかな?と思っていました。

僕は、バツイチの×を少しズラせば+だよ。と何回も言って今回のデートに漕ぎつけていました。

で、だんだん、お酒が進むと、話の合わせ方が、大胆になっていくんですよね。

たむらけんじの妹「ゆうと君は、どんなテレビ番組が好きなの?」

ゆうと「お笑いかな~。芸人さんとか好きなんだよね。」

たむらけんじの妹「偶然ね~。実は私、『たむらけんじ』の妹なんだよね!」

※ということで、たむらけんじの妹さんとしたのですが、ここからは長いので、田村さんと呼ぶことにします。

 

 

 

ゆうと「うそっ!?凄いじゃん!めちゃ自慢できるね!。でも、さっき聞いた苗字と違うくない?」

田村さん「親同士が再婚しただけだから、苗字は違うのを名乗ってるんだよね~」

なんか、嘘っぽいんですよね。笑

で、話が進み

ゆうと「俺、仕事が嫌いて訳ではないけど、いつか、会社を辞めて個人でパソコンでブログとかを仕事にしたいんだよね」

田村さん「えっ、そうなんだ、私、ブログで稼いでるから、今度、教えようか?」

ゆうと「凄いじゃん!じゃあ、ワードプレス?はてなブログ?とかで運営しているの?」

田村さん「私、アメブロなんだよね」

ゆうと心の声:最近、アメブロでもアフェリエイトで稼いでる人がいると聞くが、非常に怪しいな~。

ゆうと:男の婚活ブログ|「たむらけんじの妹」さんと居酒屋での続き

なんでもかんでも、話を合わせにきてくれる自称「たむらけんじの妹」の田村さん。

お兄ちゃんが、あの【たむらけんじ】と聞くと、色々と聞きたくなるじゃないですか。

ゆうと「家でも【ちゃ~】て言うの?」

田村さん「昔は、よく言ってたけど、最近、言わなくなっちゃたのよ~」

ゆうと「獅子舞は家でも被るの?」

田村さん「昔は、よく獅子舞被っていたけど、最近、被らなくなっちゃったのよ~」

ゆうと「芸能人とか、家に遊びに来たことある?」

田村さん「鈴木紗理奈は、よく来てたよ」

 

 

 

 

 

ゆうと「…」

 

 

 

ゆうと心の声:ネット情報そのまま言ってるぽいよな~。初日から、ガンガン突っ込むのはよくないかもだけど、めちゃ嘘ぽいな。泣

ゆうと「他に、どんな芸能人が家に遊びに来たことある?」

田村さん「麒麟の川島とザコシショウさんが来てたよ。」

ゆうと「すごいじゃん!」

田村さん「麒麟の川島さんは良い声で、ザコシショウさんは何でも誇張するのよ~」

 

 

 

ゆうと「…」

ゆうと心の声:テレビのまんま!笑

と思っていると

田村さん「お兄ちゃんの話はそこまでにして、違う話にしましょう。ゆうと君、親御さんと同居してるの?」

ゆうと「うん、あんまり実家暮らしは良くないと聞くけど、俺は実家暮らしだよ。でも、姉ちゃん3人も、まだ家にいて、1番上の姉ちゃんは離婚して帰ってきたんだよね。」

田村さん「羨ましい~。私、お姉ちゃん欲しかったんだよね。しかも3人もいて、いいな、いいな~。結婚したら4人姉妹になるね。」

 

 

 

 

 

ゆうと「…」

ゆうと心の声:普通、嫌がるとこと思うのですが、これは本心なんでしょうか…。

この後も、どんどんどんどん合わせに来てくれるのですが、こんなに無理矢理に合わせるとと、大変だと思うのですが…。

なんか嘘っぽいし…。

と思いながらも、まだまだ、田村さん合わせにきてくれて、嘘っぽくなっていきます。

そんな田村さんとであったのはマリッシュです。

 

 

 

 

ゆうと:男の婚活ブログ|「たむらけんじの妹」さんと居酒屋での続き

いろいろと、胡散臭いお話しが多い、自称「たむらけんじの妹」さんなんですが、なかなか信じがたい話を、その後の居酒屋さんでも連発されます。

格闘技の話から、相撲の話になった時には

田村さん「おじいちゃんが、相撲取りだったの」

ゆうと「なんて名前?」

田村さん「ド忘れしちゃった」

ゆうと「…」

海外旅行の話になって、これから行きたい国や過去に行った国の話になった時

ゆうと「オーストラリアとイギリスは行ったことあるけど、もっと海外旅行いきたいなあ。無名な国とか変わった国も行ってみたいよね。」

田村さん「私、サントメ・プリンシペ行ったことあるよ。」

ゆうと「えっ?えっ?何?何?」

田村さん「サントメ・プリンシペよ」

ゆうと「そんな名前の国、ほんとにあるの?初めて聞いたよ。どんな国?」

田村さん「暑い国よ」

ゆうと「他には?」

田村さん「ただただ暑いのよ」

ゆうと「そんな、知られてない国にどうして行ったの?」

田村さん「卒業旅行」

ゆうと「すごいね!どれくらいの期間?有名な観光ポイントとかあるの?」

田村さん「旅行の事は、全部、忘れてしまったの」

ゆうと「…」

あまりに気になったのと、嘘を暴いてやろうと悪い僕がでてしまい、サントメ・プリンシペは、この時、調べました。

ゆうと:男の婚活ブログ|「たむらけんじの妹」さんとサントメ・プリンシペ

絶対に適当に作った国の名前と思ったのですが、すいません。

ありました。

サントメプリンシペ

大西洋の一部のギニア湾に浮かぶ火山嶋であるサントメ島、プリンシオエ島、そしてその周辺の島々から成る共和制の島国です。首都のサントメはサントメ島に存在します。

 

 

 

ほんまに、あるんかい!!

と、ツッコミをしてしまいそうになりました。

しかも、アフリカの火山島だなんて、そりゃあ、暑いですよね。

田村さんも「とにかく暑いと言うはずです。」

ゆうと:男の婚活ブログ|「たむらけんじの妹」さんと居酒屋のお支払いとその後

何が本当で、何が嘘かわかりませんが、お店を出ることになりました。

田村さんが、ご馳走すると言って、なかなか引いてくれません。

ゆうと「ここは、男に任せていいよ」

田村さん「私、社長だから」

ゆうと「えっ?いや、IT関連の会社員て言ってたじゃん」

田村さん「言ってなかったけど、会社のオーナーもやってるのよ」

ゆうと「いやいや、じゃあ、いくらくらい売り上げあるの?」

田村さん「17億くらいかな」

ゆうと「…」

ゆうと「今日は、じゃあ、お任せするよ」

 

 

 

年商17億ある会社の社長が二足の草鞋でIT企業で会社員をするのか!

と言いたいとこでしたが、この日は、こんな話でお腹いっぱいになっていたので、駅まで歩いて解散となりました。

自称「たむらけんじの妹」の田村さんとは、この日で終わりになりました。

自称「たむらけんじの妹」の田村さんとであったのはマリッシュです。

かなり、会える確率が高いイメージでおすすめです。

婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ(marrish)」/R18

さいごに +僕の婚活体験談

僕に合わせようとしてくれるのは、ありがたいのですが、無理しちゃうと、話の辻褄も合わなくなるので、自然体が1番いいですよね。

ゆうと:男の婚活ブログ|婚活体験談まとめはこちら

 

 

 

 

ABOUT ME
ゆうと
日々、婚活に奮闘しているアラサーサラリーマンです。職業はメンズ美容系の会社に勤務しています。母親と3人の姉も全員美容系のお仕事で実家暮らしです。この辺りも結婚に悪い影響を与えているのだと思い込んでいます。笑 マッチングアプリ、婚活パーティ、結婚相談所のヘビーユーザーになってしまっています。泣