男の婚活タイム
アラサーの僕の婚活と結婚までの道のりのブログです。




婚活体験談

男の婚活ブログ|ユーブライドで出会った。大阪弁さん編

海外結婚

こんにちは!

ゆうとです。

今回より婚活体験談の新しいお話しになります。

今回もコロナ前のお話になります。

ランキングに参加しているので、よかったらポチってください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村

方言を使う女の子って可愛いですよね。

ユーブライドで何度かやり取りさせてもらった女の子と会うことになりました。

2日ほどサイト内でのやり取りをしますが、なかなかの盛り上がりです。

サイト内からラインに移行しても、どんどん盛り上がります。

ここで悩みどころなんですが、写真の交換時期って悩みますよね?

男の婚活ブログ|婚活サイトの出会い写真見せてのタイミング

僕は、まあまあ悩みます。

盛り上がって写真交換した瞬間に連絡頻度が悪くなったり、また、写真を見て、あまりにタイプとかけ離れてる時もありますよね。

写真交換を提案して断わられて、ぶっつけ本番で当日に会う。なんてことも何回も経験しました。

やり取り開始直後に写真交換の依頼ができれば楽なんですが、これも、なかなか言いにくいですよね…。

正解はやはり、そこそこのやり取り期間を作り、そろそろ会おうかなのタイミングが正解なんでしょうね。

写真を見て会う会わないの判断は貴方(貴女)次第です!笑

たたみます。

 

 

その女の子は、大学を卒業まで大阪だったとのこと。

大学出て就職で東京に来て3年目。

「大阪弁が、たまに出るけど大丈夫?」

「ケンミンショーに出てるような人は、本当は少ないから、私に笑いを期待しないでね」これを何度も言われたことを覚えています。

このラインのやり取りだけで、めちゃ可愛いです。

で、ラインでも盛り上がり写真交換するのですが、僕のタイプの女の子でした。

ショートカットで元気そうなイメージです。

そして、会うことになります。

大阪弁をお話しするということで、大阪弁さんです。

男の婚活ブログ|出会いから居酒屋さんへ

駅で待ち合わせして、ご挨拶。

う~ん。いい感じです。

お話しながら、居酒屋さんに向かうのですが、そんなに大阪弁なんて出ないんですよね。

言われてみれば関西の子?て感じはしますが、そんなに気にならないし方言も個性だと思うので気にもなりません。

自己紹介から、話も弾み予約してあった居酒屋さんで、

コロナ前ということで、店内ガヤガヤしていますが、話は盛り上がります。

大阪弁の人と話すあるあるだと思うのですが、

「面白い話して」

「ツッコミしてよ」

「なんでやね~ん」

等、あるある話なんかで盛り上がり、ほろ酔いになった頃には、『きっと好きになってしまう』と思っていました。

それにしても、大阪弁なんて、ほんと会話すると出ないもんだな~と思いながら、お話をたくさんしました。

居酒屋で、とても盛り上がったこともあり、僕が買いたい物があったので、次の日曜日も一緒にお出かけをする約束をしました。

そして、盛り上がったので、はしごをしようということになり、居酒屋を後にしてショットバーに向かいます。

男の婚活ブログ|ショットバーにて

一緒に歩いている時も居酒屋さんでも気にならなかった彼女の声の大きさと大阪弁。

大阪弁さんの①でも書いたのように、居酒屋では、周りもお話しされていて、店内は賑やかでざわざわしていました。

ショットバーの店内は、お客さんの入り具合は8割ですが、カップルや男性同士、女性同士の2人組のお客さんが多いので、あまり大きな声で話をしないので静かな感じです。

ということを差し引いても急に

ほんと急にですよ…

 

 

 

 

 

 

 

「やっぱり、カクテルはマティーニにかぎりまんな~」

 

 

と大阪弁さん。

 

 

 

えっ…。(*´Д`*)

 

えっ…。(*´Д`*)

 

 

えっ…。(*´Д`*)

 

急にです。

ホント急に声の大きさが10倍になりました。汗

そして急に強烈な大阪弁です。汗

僕も戸惑ってしまいます。

目がまん丸になってしまいました。

声の大きさは体感10倍でしたが、少なくても3倍くらいになっていました。笑

お酒と一緒にピーナッツも注文していたのですが、

 

 

 

 

 

「おつまみはタコ焼きにせえっちゅーねん」

 

 

 

 

「大将!マティーニおかわり!濃いめで頼んまっせ!」

 

と大阪弁さん。

ホントめちゃめちゃびっくりしました。

しかも、マスターを大将て呼ぶなんて!汗

大阪弁さん、ショットバーに入ってから、声は大きくなるし、大阪弁がめちゃめちゃ強くなりました。

お客さんも僕たちの事をジロジロと見てくるので、僕は頭を下げたりするのですが、

この時、僕は

「大阪弁さん、酔ってしまったのかな~」

「注意した方がいいのかな。でも、方言は気にしない。方言て可愛いねとか言ってしまったしな~。」

「タイプだし可愛いから言わない方がいいのかな~」

とか考えてしまったり、恥ずかしいなと思ってしまって話が入ってきません。

話は入って来ないのですが、大阪弁さんの声の大きさは超デカいし、強烈な大阪弁は続いています。

それでも、大きな声の大阪弁を聞きながら1時間ほど経ったのでバーを出て帰ることになります。

 

 

 

 

あれっ?!

バーを出ると、大阪弁さんは声も小さくなって大阪弁が引っ込みます。

やっぱりさっきまでは酔っていたのかな~。

と思いながら電車が同じ方向だったので駅まで一緒に向かいます。

声の大きさも普通で強烈な大阪弁を使わない大阪弁さんに戻ってます。

男の婚活ブログ|駅までの道と電車内のお話

電車も同じ方向だったので、3駅ほどですが少しでも長く一緒にいたいし嬉しいなあなんて思い電車に乗ります。

会うのは初めてでしたので、そんなに遅い時間にもなっていなかったので、電車の中は、まあまあ人は乗っていました。

 

 

 

 

 

 

「江戸のショットバーはシャレオツでんな~」

 

 

 

 

 

 

えっ…。(*´Д`*)

 

えっ…。(*´Д`*)

 

 

えっ…。(*´Д`*)

 

またです。

大阪弁さん、また急に声が大きくなり、強烈な大阪弁になります。

電車の中で、超注目を浴びてしまいます。

 

 

 

 

 

 

「山手線と大阪の環状線はライバルや!まさしく、阪神と巨人や!ゆうと君は、プロ野球どのこファンでっか?」

 

 

 

ショットバーでもびっくりしましたが、電車の中でも、声の大きさと大阪弁が強烈すぎます。

その時、思ったのですが、シャレオツとか、東京の事を江戸って呼ぶとか、意識して言わないと言えないと思うんですよ。

一瞬、大阪の女の子だし、ボケなのかなとかも思ったんですが、どう考えてもボケではなく普通の会話なんです。

声は大きいし、強烈な大阪弁ですが、ようやく3駅乗ったんで大阪弁さんは電車を降ります。

 

「ほな!さいなら!」

 

電車に僕は一人残されるのですが、電車の中の人全員が僕の事を見ていたと思います。

大阪弁さんと一緒に乗ってる間も痛いほど視線を感じていました。泣

男の婚活ブログ|大阪弁さんが降りてから

大阪弁さんが電車から降りて、しばらくすると

「今日はありがとう。日曜日の買い物楽しみにしています」とラインが来ました。

う~む。

凄くいい娘なんですよ。

家までの帰り道は色々と考えながら帰りました。

楽しかったんです。

間違いなく楽しかったのですが…。

【大阪 女の子 声】、【大阪弁 声】とか【大阪弁 女の子】とか色々と検索しまくってしまいました。笑

①可愛い&楽しい  急に声が大きくなる&強烈な大阪弁

②可愛い&楽しい  急に声が大きくなる&強烈な大阪弁

①と②の差は非常に大きいです。

お酒のせいもあったかなと思うことにしました。

次回は、お昼に会うということもあるので、とりあえず次回を楽しみにすることにしました。

この日から、次の日曜日の買い物デートの日までは、1日に数回、他愛もないライン交換をしながら過ごしました。

男の婚活ブログ|僕の服を買いに2人でぶらぶら

この日は朝の11時に駅で待ち合わせです。

良いお天気でまさしくデート日和という日です。

この日は、大阪弁さんのご両親が東京に来ていて、夕食を食べにいくということで、18時には解散という予定でした。

大阪弁さんは、この日も僕の好きな感じでラフな服装です。ジーンズの女の子、僕は好きです。

駅から歩いて、色々と見ながら服屋さんに入ったり、服を試着したり、雑貨を見たりしながらぶらぶらします。

まさしく、これぞデートという感じです。

今のところ、声の大きさも普通で、強烈な大阪弁も出ていません。

ランチはパスタを食べることになるのですが、前回の悪夢が頭をよぎります。

パスタとドリンクを注文して食べ始めますが…

 

 

 

 

あれっ

 

 

 

大阪弁さん、声も大きくなりませんし、強烈な大阪弁にもなりません。

正直なところ、この時、僕は、大声強烈大阪弁さんに変身するんではないかと構えていました。

僕の中では、大阪弁さんはフリーザみたいなイメージです。

※↓↓この人達、面白いですよね。真ん中のナッパが酷い。笑

ドラゴンボール芸人

フリーザ風に大阪弁さんは

第1形態~可愛い女の子

第2形態~デカい声

最終形態~デカい声+強烈な大阪弁

に変身するのです。

たたみます。

で、変身なしでランチも楽しく終了します。

心の声:やっぱり、この前は少し悪酔いしちゃったのかな。前回の事は忘れよう♪

で、ランチの後も、ぶらぶらは続き、楽しく歩きながら会話も弾みます。

3時を過ぎて夕方近くになり、歩き疲れたこともあるので、お茶をしようということになります。

大阪弁さん、チーズケーキが好きということで、チーズケーキの美味しいケーキ屋さんでお茶をします。

 

 

 

 

 

 

 

「浪速におるときは、りくろーおじさん、ようけ食べたもんですわ~」

 

 

 

 

 

 

僕「えっ」

心の声:うわ~、始まった!前回も東京の事を江戸と言ってましたが、大阪の事を浪速と呼ぶ人、大阪には本当にいてるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

「りくろーおじさん、生地いれて♪、かき混ぜて♪、葡萄入れて♪、そうそう、葡萄入れてって、なんで葡萄やねん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのくだりは、笑ってしまったのですが、テレビで見る芸人さんではない人が、乗り突っ込みをしているところを始めて見ました。

しかも、ひとり乗りツッコミを生で見るのは初めてです。

最初の部分が歌みたいな感じでスタートするんですよ、

もちろん、声も大きくなっているので、周りの席の人たちも、くすっと笑ってました。

 

男の婚活ブログ|チーズケーキ屋さんを出ると…

チーズケーキを食べ終わり、お店をを出ると

 

 

 

 

 

 

 

 

声、小さくなってる!

大阪弁でもなくなってます。

 

この時、なんとなく…、なんとなくですが、大阪弁さんのパターンがわかったような気がしました。

チーズケーキ屋さんを出ると、また仲良くデートは続くのです。

服を見て、雑貨見て、会話も弾んで楽しい時間です。

この日は、前回にも書いたように。大阪弁さんのご両親が東京に来られているということで、早めに帰らなければいけない日でした。

少し早い時間ですが、駅へと向かいます。

前回の電車内を思い出し、どきどき…、どきどき…

改札を入り、ホームで電車を待ってる間も、普通の声の大きさで大阪弁ではありません。

電車が来て乗った瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は、おおきに!次、遊ぶ時は、わてがタコ焼き奢らせてもらいまっさ!」

 

 

 

 

予想通りでした。

僕の予想が確信に変わりました。

そうです。

大阪弁さんは、静かなところや人がたくさん居るところでは、【大きな声と強烈な大阪弁】で、ついつい目立とうとしてしまうのです。

前回、初めて会った時から、何度もありました。

言おうか言わないか悩みました…。

大阪弁さん、可愛くてタイプだし、大きな声と強烈な大阪弁攻撃をしてこなければ、きっと好きになると思っていました。

だから、小さな声で言ったんです。

 

 

 

 

 

 

僕「電車の中だし、もう少し小さな声でお話した方がいいよ。あと、凄く大阪弁になる時ががあるから、そこも普通にお話した方がいいと思うよ。」

 

 

 

 

 

その後、大阪弁さん、むすっとしてしまって…

僕が悪いのかなと思い、「大阪弁は大好きなんだよ。ただ、ちょっと声の大きさがさ…」とか「僕の耳が悪いのかな。ごめんね!」等等、フォローをしましたが、大阪弁さんの機嫌は直りませんでした。

電車を降りて、今日のお礼をラインしました。

 

 

なかなか既読になりません。

お父さん、お母さんと楽しく食事したり、積もる話もあるだろうし、ライン見ないだろうな、なんて思っていたのですが…

何時間、経っても既読になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(*´Д`*)

 

 

 

 

ブロックされてる!?

おいでやす

【おいでやす小田さん】風に言わせて下さい。

ブロックされとるやないかい!

 

これは、ホントびっくりもしましたし、ショックも大きかったです。

もちろん、このまま音信普通になってしまいましたので、大阪弁さん編ほ今回にて終了です。

僕が悪かったのかな~。

今回も書きますが、

※このお話は、僕の婚活体験談の中でもトップクラスにびっくりしたお話しなんですが、ノンフィクションです。

何度も書きますが実話です!

大阪弁さんと出会った。

ユーブライドはこちら

 

さいごに

大阪弁さん、思い出しても、めちゃ可愛かったな~。

男の婚活体験談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ゆうと
日々、婚活に奮闘しているアラサーサラリーマンです。職業はメンズ美容系の会社に勤務しています。母親と3人の姉も全員美容系のお仕事で実家暮らしです。この辺りも結婚に悪い影響を与えているのだと思い込んでいます。笑 マッチングアプリ、婚活パーティ、結婚相談所のヘビーユーザーになってしまっています。泣